阪神住建の求める人物像

阪神住建の求める人物像

■阪神建設が求めている社員の人物像とは?

 

『誠実で、何事にも前向きに挑戦する姿勢』を特に重要視しているとのこと。
不動産を扱う事業とは信頼が特に大切なので、阪神住建では経歴以上に人柄を重視した選考を行っているとのことでした。社員一人一人の個性を伸ばし、個人のやる気に重きを置いているそうなので、社員各々に適したフィールドがきっとあるかと思われます。一つの部署に長く在籍するのではなく色んな部署での経験を積んで広い視野を養う社員教育の方針を持っておられる企業なので、そういった各々の個性を仕事に活かせるフィールドを見つけることができるのでしょう。

 

■真面目にコツコツと業務をこなせること

 

まず一つ目に、阪神住建が求めている『誠実さ』を掘り下げていくと、コツコツと真摯な姿勢で仕事をこなせることにあるようです。
用地部では、マンションの用地を探し、収益用不動産を購入する業務。
営業部では、顧客へ何百件とマンションを販売する業務。
何千万円、何億円といった商品の販売。そういった営業努力を真摯に続けていても、成就するのはそのうちのわずかで、うまくいかないことがほとんどなのだそうです。
現在、阪神住建でご活躍している先輩の方々には、こういった状況の中でもコツコツ真面目に仕事に向き合ってこられているとのことでした。業務上で大変なこともありますが、フィードバックと反省をして繰り返し改善をコツコツ積み重ねてきた結果が、きっと今の阪神住建を支えている先輩方に現れているのでしょう。

 

 

■様々なことに常にアンテナを張ることができる

 

二つ目に、『何事にも前向きに挑戦する姿勢』について掘り下げていきます。
阪神住建は不動産以外にも、アミューズメント事業や再生可能エネルギー事業など、幅広い事業展開をしている会社です。多種類の事業を展開するためにも、多方面のことに常にアンテナを張って、それを柔軟に仕事へ活かせる人が必要なのではないでしょうか。これは多方面の事業に携わる機会と可能性があり、様々な新しい知識や経験を吸収できる環境ということになります。
多様な業務や部署移動に好奇心を持って積極的に挑戦していけるような人がより活躍できる職場になっているのでしょう。そのため、阪神住建では若い社員にも権限を持たせてよりチャンスを広げられるような仕事の任せ方をしているとの記載がございました。このように『仕事が人を成長させる』という人材育成の方針のもとで働けるというのは、積極的に仕事をしていきたいと考えている方には魅力的ではないでしょうか。

 

自分をより成長させて、より大きな仕事に前向きにチャレンジしてみたいという若い方々は、阪神住建への入社でそれが叶うかもしれません。

更新履歴